アンティーク 腕時計





"Wrist Watch Daily" - advintage blog

|NewEntry

|Archives

|Category

|Search



Brand History: File 2...J.W.BENSON
2014.09.24 Wednesday | category: Brand History

ブランドの歴史背景をご紹介するシリーズ。
今回はスミスに続いて英国の高級時計ブランド、《J.W.ベンソン》です。

このブランドの母体となるのは、1847年にサミュエル・サックリーとジェームズ・ウィリアムのベンソン兄弟によってロンドンに設立された"Samuel Suckley & James William Benson"という金銀細工工房および時計工房。時計の製造販売を行ったのは1849年以降で、時計も含めた宝飾品全般を取り扱っていた点で同時期に創業したスミスと似ています。折しも産業革命の直後、世界最大の都市に成長したロンドンで生まれた2つの名門。後に協力関係を築く両社の縁を感じます。

サミュエルとジェームズのパートナーシップは1855年に終わり、その後ジェームズのみによる”J.W.ベンソン”をブランド名とし、彼の死後も息子達によって事業が引き継がれます。その過程の中で、一介の時計職人であったJ.W.ベンソンは数々の英国王室御用達(ロイヤルワラント)を獲得し、ヴィクトリア女王、プリンスオブウェールズそしてロシアのツァーリ(皇帝)らの時計師としての地位にまで上り詰めます。





しかしながら、第一次世界大戦中の1917年に行われたドイツ軍による大規模なロンドン爆撃によって自社工場は壊滅的な打撃を受け、製品の多くが失われるだけでなく、時計の製造も継続できなくなってしまいます。それでもJ.W.ベンソン社は時計の販売事業を継続します。そこで自社ブランドの時計製造を依頼されたのが、《ロンジン》や《ヴァーテックス(レヴュー)》、《シーマ/タヴァンヌ》といったスイスの名門時計メーカーであり、第二次世界大戦後は《スミス》が主なOEM先となりました。

こちらは1930年代にシーマ社がOEM先として製造したJ.W.ベンソンの人気モデルの「トロピカル」。高温多湿で埃の多い悪条件下でも耐えうる性能を誇り、戦後にもスミスによってモデルチェンジが行われています。腕時計が「リストレット・ウォッチ(WRISTLET WATCHES)」と表記されているのも興味深い点。



こちらは金無垢ケース仕様のモデルで、他にも銀無垢やステンレススチールのモデルも存在。ポーセリンダイヤルは強い日差しによる文字盤の日焼けを防止する効果もありました。
☞商品ページ



続いてこちらはスミス社がOEM製造したJ.W.ベンソンのトロピカル・モデル。【SOLD OUT】
☞商品ページ



J.W.ベンソン社の操業は1973年まで続き、その後は《ガラード》社によってブランドは引き継がれました。ガラードの歴史はベンソンやスミスよりもさらに古く、英国王室御用達もさることながら「クラウン・ジュエラー」としてヴィクトリア女王の王冠を納めた由緒ある宝飾品・時計販売店。英国のブランドがそれぞれ密接な関係を持って歴史を編んでいる様子を見ると、その「英国ブランド」に徹底してこだわるひたむきさに感服せざるを得ません。そのあたりにこそ英国製品の魅力があるのでしょう。

| advintage | 03:11 | - | - |


"ORATOR" Moonphase 1950'S
2014.09.12 Friday | category: Items

☞商品ページ

ムーンフェイズ


クロノグラフムーブメントの名門バルジュー社による希少なムーンフェイズモデル、CAL.90を搭載したカレンダー・ウォッチが入荷しています。

こちらのオレーターというブランドについては、ご存知の方のほうが少ないのではないでしょうか。主にクロノグラフや今回のカレンダー・ウォッチのような複雑時計を中心としたラインナップが特徴のブランドです。

ムーンフェイズ


ムーンフェイズの魅力は何と言ってもお月さまの表情。個体によってその表情も様々で、笑顔や困り顔、無表情といったバリエーションを楽しむのも一興。こちらはちょっと仏頂面の表情に味わいがありますね。月と星と夜空のカラーリングも上品です。

ムーンフェイズ


ムーンフェイズ


やや使用感のあるケースコンディションですが、使い込まれたステンレススチールは独特の武骨な雰囲気も備わっています。もともとムーンフェイズは品の良さが魅力でもありますが、こちらの個体の場合ミリタリーもしくはワークジャケットのようなタフなアイテムとの相性も悪くありません。

やや秋めいてきて、長袖を着る機会も増えてきました。あまりかさばる大きさの腕時計だと袖の形もいびつになったり、袖自体を痛めてしまいがち。

今回ご紹介した腕時計のケースサイズは34mm。「クラシック」カテゴリーの中ではどちらかというと大きめですが、このくらいまでが違和感のないサイズ感だと思います。

☞商品ページ

| advintage | 12:22 | - | - |


"J.W.BENSON" FLEXIBLE LUG 1940'S
2014.09.11 Thursday | category: Style & Design

アンティーク ベンソン


| advintage | 22:56 | - | - |


Clocks On The Street "ROLEX".....Honolulu
2014.09.10 Wednesday | category: Style & Design

アンティーク 腕時計


| advintage | 00:29 | - | - |


S.H.D. "CHRONO STOP" 1950'S
2014.08.29 Friday | category: Items

☞商品ページ

クロノストップ


今回入荷したのは「クロノストップ」という珍しい簡易型クロノグラフ。ほとんど使用感がないためデッドストックとして保管されていたものと思われます。ケースエッジもポリッシュされていないハリのあるグッドコンディション。

分積算計非搭載という特徴に加えて、常に動き続けるセンターセコンドというユニークな機能がフィーチャーされますが、ゼロリセットからそのままリスタートされる「フライバック」機能が一番のポイント。4時位置のプッシャーは押し続けることでセンターセコンドを停止させることができますが、クロノグラフの連続計測が目的であれば、簡易型というよりも余計な機能を配した実用性重視の設計と言えるでしょう。

クロノストップ


ケース直径は35mm。実際の大きさよりもやや小振りに見えるのは、文字盤上がゴールドの「ハチマキ」で内側と外周部とに隔てられ、内側にアラビア全数字インデックスが寄り集まって配されているからでしょうか。その不思議なサイズ感が独特の雰囲気を生んでいます。

クロノストップ


クロノストップ


今回はシックなグレーのTシャツスタイル。優美なゴールドケースとプッシャーを備えたクロノグラフのミリタリーテイストとのバランスが絶妙で、ラフなスタイルを上品にまとめてくれています。

☞商品ページ

| advintage | 13:38 | - | - |

Return to Top

 PAGE  [1]   OF  [13]  >>